【2月のワークショップ】一筆箋で大和なでしこを目指そう

カテゴリー: たん藍ブログ,月替わりワークショップ

一筆箋(いっぴつせん)であいさつ文を書いて、大和なでしこになりませんか?

大人女子ですもの!

あいさつ文や簡単なメッセージを、サラサラッと一筆箋に書きたくないですか?

ちょっとしたお土産に添えたり、便箋に書くほどの文面じゃないけど一言は添えたい時ってありますよね。

それだけじゃなく…

 

そういえば、あの方はどうしているかしら?

先日、展示会に来てくれた方にお礼を言わなくちゃ!

こんな場面、ありませんか?

一筆箋は、用件のみのメモ書きメッセージのような役割をします。

簡単な言葉でも手書きで、しかも美しい文字で書かれていたら嬉しいですよね。

このワークショップでは、ご用意していただいた文章でも
私がサンプルで書いた文章でも
用途に合わせて体験していただけます。

なぜ、縦書きなのか?

それは…

日本語は本来縦書きで書いて美しく見えるように作られているから。

ということは…ここにつながるんですね

日本人は日本人らしく縦書きで書くことが、開運への近道です!

ひょっとしたら、気になるあの人とお近づきになっちゃったりして~

 

 

あなたも一緒に、美字人(びじん)な大和なでしこになりませんか?

 

 

レッスン後お家へ帰ってすぐに一筆箋であいさつ文を送れる!

レッスンを受講いただいた皆様には、一筆箋をプレゼントいたします

色や柄はお任せください

もちろん、レッスン中に「あの人」へ渡すメッセージを清書してもOKですよ~

 

 


ところで、一筆箋ってどうやって渡すの?

一筆箋は、メッセージカードのようなもの。

なので、堅く考えずこんな風に利用してくださいね

プレゼントやお土産に添えて一緒に渡す。

展示会や発表会の案内状に添えて送る。

同僚の机の上に置いておく。

縦書きで書くのをお勧めしていますが、最近は横書きの一筆箋もいっぱいありますからね。
横書きでの練習もしていただけますよ。

持ち物について…

ゲルインクボールペンか万年筆をお持ちであれば、書き慣れたもので練習していただくのが一番です。

ただ…

「いまいち、このペンが自分に合っているのかよくわからない」

「万年筆って難しいんでしょ?」

などの声にお応えして、私が普段使っているペンを数種類持参しますので、書き比べてみてください。

 

ほぼどこの文具店に行っても購入できるメジャーなものばかり。

同じ太さでもメーカーによって違います。

ボールペン・ゲルインク・万年筆でも太さや書き味が違います。

 

チェックあなたの筆圧がどのくらいなものなのか?

チェック手の大きさは?

チェック持った時にしっくりくるか?

試し書きした時に、この3点を体感してみてください。

 

一番気に入ったものを選ぶことで、字を書く楽しさもアップしますよノリノリ

 


日時: 月20日(月) 11:00~12:30

会場: 堺東アートスクール

持ち物: ゲルインクボールペンか万年筆 

受講料: 3,240円(税・施設用込)

お申し込みはのバナーをクリックしてくださいね。

 

※ お問い合わせがある場合は備考欄に記載してください。

あなたとお会いできるのを楽しみにしています。

丹精込めて丹念に、想いを届け願いを叶える書道家たん藍より

どのレッスンをご希望ですか?(必須)
  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ