こんな方法もあるんだよ

カテゴリー: たん藍ブログ,新着情報

毎日書いて、美文字になる。

書くことが好きなら上達も早い。

 

簡単に言うけどさ、書くことが好きじゃないから毎日なんて書いてらんないんだよ!

 

そうでしょうね。

 

私は、確かに書くことが好きです。

で、自惚れですが…自分の字が好きです。

だから、続けられている。

 

じゃあさ、こんな方法だったらどう?

 

好きな人の名前を書く。

イケメン俳優やアイドルの名前を書く。

 

想像しただけでニヤニヤしちゃいませんか?

 

ペン字や筆ペンでも、鉛筆だって筆記具は何でもいいんです。

 

書こうという気持ち。

書いていてワクワク、ニヤニヤしちゃう感じが大切なんです。

 

 

好きな人の名前だったら、丁寧に書くでしょう?

ラブレターを書く時みたいにドキドキもあるし!

 

女子って、恋してるとキレイになるって言うじゃない?

ただ、字の練習してるだけなんだけど、ドキドキしちゃったらお肌も艶やかになっちゃったりして〜

根拠はないけど、きっと相乗効果で字も外見もキレイになっちゃうよ!

 

 

どんなふうに書けば、かっこよく見えるんだろう?

ここをちょっと長くしてみたら?

逆に短くしてみたら?

本人のように名前もイケメンに仕立ててみる。

 

ひとつの名前でも、色々な書き方を試してみると発見がありますよ。

 

 

好きな人の名前を書いていると、次はメッセージも書きたくなってくる。

 

パソコンやスマホの時代ですが、やっぱり直筆じゃなきゃダメな時ってあるでしょ?

 

あなたが誰からかお手紙(ラブレター)をもらって嬉しいのはどっち?

 

パソコンで打ち込まれた(フォント)の手紙

拙くても丁寧に書かれた直筆の手紙

 

 

 

字が苦手。

でもキレイに書きたい。

 

そう言う想いがあるあなたへの、字の練習方法を考えてお伝えしています。

 

ここに挙げた見たことある人の名前でもいい。

身近にいるパートナーの名前でもいい。

 

もちろん自分の名前や家族の名前でもいい。

 

どんどん書いて、書くことに慣れていく事から始めてみてね。

 

どうしても、美文字にならない。

もっとキレイに書きたい!

 

って言う欲望が出てきたら、たん藍のレッスンに参加してみてください。

 

お問い合わせ

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ