毎日書きたくなるには?

カテゴリー: たん藍ブログ,新着情報

「キレイに書かなくてもいいよ」

と言われたら、少しは気楽ですか?

 

何でもかんでも、美しく!キレイに!整った字で!

と言われたら、やっぱりしんどいですよね。

 

 

じゃあ、キレイに書かなくてもいいんじゃない?

ワザと崩して書いてみるのも、面白かったりするよ。(上の画像参照)

 

実は、私自身がそう言う思考だったんだ。

 

「キレイに!読みやすく!」

ってね。

でも、居酒屋で働いててメニュー書き担当になった時に上司から言われたんだよ。

「キレイに書いちゃったら、店の雰囲気に合わないし味がない」

と。ズバッと!

 

話が逸れちゃった。

何が言いたいかって、しょっちゅう書いてないと字はどんどん下手になるし思うように書けなくなる。

だから、1日にほんの少しでもいいから集中して書くようにする。

ただ、何を書いたらいいのかわかんない。

ってあなたにこの方法はどうかな?ってオススメ。

 

ポエムや感動系の言葉がバンバン出てくる人なら、それを書けばいい。

 

でもさ、一般ピーポーにゃそうそうポエムなんて浮かんでこないっしょ。

 

そこで、コレが一番手っ取り早いんじゃないか?って発見したのね。

 

その日の晩御飯をお品書きにする。

□体裁よくってなるとハードル上がるから、ランダムに書いて丸で囲む

□定食屋や居酒屋で見かけるメニューを思い出して書いてみる

 

コレね、字の練習にもなるし空間を捉える練習にもなる。

で、メニューがあると家族が外食した気分を味わえる。

料理の腕にも磨きがかかる。

↓結果↓

料理の腕が上がり、字も上達する。

 

はじめは居酒屋や定食屋だったのが

 

 

料亭ぽいお品書きになって行く日が来るよ。

毎日同じ献立ってことはないから、その日の献立にあった雰囲気で書いてみる。

紙を縦にするか横にするか、縦書きにするか横書きにするかだけでも雰囲気は変わる。

 

スマホアプリを使いこなすとこんなこともできるよ。

 

何品もない日なら、料理の写真と文字を組み合わせて…

 

画像加工してみたり。

この手法は、早く帰ってきてほしい時にメールに添付して送信すると有効的です〜笑

 

自分も楽しいし、家族も喜ぶんだったらやらない手はないし、やり続けられませんか?

 

字を書く癖を付けたいけど、毎日書くには何を書けばいいんだ?!

とお悩みのあなたへの提案でした。

 

丹精込めて丹念に、想いを届け願いを叶える書道家たん藍より


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ