一筆箋(いっぴつせん)であいさつ文を書いて、大和なでしこになりませんか?

大人女子ですもの!

あいさつ文や簡単なメッセージを、サラサラッと一筆箋に書きたくないですか?

ちょっとしたお土産に添えたり、便箋に書くほどの文面じゃないけど一言は添えたい時ってありますよね。

それだけじゃなく…

 

そういえば、あの方はどうしているかしら?

先日、展示会に来てくれた方にお礼を言わなくちゃ!

こんな場面、ありませんか?

一筆箋は、用件のみのメモ書きメッセージのような役割をします。

簡単な言葉でも手書きで、しかも美しい文字で書かれていたら嬉しいですよね。

このワークショップでは、ご用意していただいた文章でも
私がサンプルで書いた文章でも
用途に合わせて体験していただけます。

なぜ、縦書きなのか?

それは…

日本語は本来縦書きで書いて美しく見えるように作られているから。

ということは…ここにつながるんですね

日本人は日本人らしく縦書きで書くことが、開運への近道です!

ひょっとしたら、気になるあの人とお近づきになっちゃったりして~

 

 

あなたも一緒に、美字人(びじん)な大和なでしこになりませんか?

 

 

レッスン後お家へ帰ってすぐに一筆箋であいさつ文を送れる!

レッスンを受講いただいた皆様には、一筆箋をプレゼントいたします

色や柄はお任せください

もちろん、レッスン中に「あの人」へ渡すメッセージを清書してもOKですよ~

 

 


ところで、一筆箋ってどうやって渡すの?

一筆箋は、メッセージカードのようなもの。

なので、堅く考えずこんな風に利用してくださいね

プレゼントやお土産に添えて一緒に渡す。

展示会や発表会の案内状に添えて送る。

同僚の机の上に置いておく。

縦書きで書くのをお勧めしていますが、最近は横書きの一筆箋もいっぱいありますからね。
横書きでの練習もしていただけますよ。

持ち物について…

ゲルインクボールペンか万年筆をお持ちであれば、書き慣れたもので練習していただくのが一番です。

ただ…

「いまいち、このペンが自分に合っているのかよくわからない」

「万年筆って難しいんでしょ?」

などの声にお応えして、私が普段使っているペンを数種類持参しますので、書き比べてみてください。

 

ほぼどこの文具店に行っても購入できるメジャーなものばかり。

同じ太さでもメーカーによって違います。

ボールペン・ゲルインク・万年筆でも太さや書き味が違います。

 

チェックあなたの筆圧がどのくらいなものなのか?

チェック手の大きさは?

チェック持った時にしっくりくるか?

試し書きした時に、この3点を体感してみてください。

 

一番気に入ったものを選ぶことで、字を書く楽しさもアップしますよノリノリ

 


日時: 月20日(月) 11:00~12:30

会場: 堺東アートスクール

持ち物: ゲルインクボールペンか万年筆 

受講料: 3,240円(税・施設用込)

お申し込みはのバナーをクリックしてくださいね。

 

※ お問い合わせがある場合は備考欄に記載してください。

あなたとお会いできるのを楽しみにしています。

丹精込めて丹念に、想いを届け願いを叶える書道家たん藍より

どのレッスンをご希望ですか?(必須)
  

たん藍オリジナル4月はじまりカレンダー

 

作り始めて早3年目。

今年も、取り掛かろうかと思ったんですけどね。

 

 

 

今年は、私発信の漢字一文字じゃなく…

公募します!

 

 

過去のカレンダーに使われている漢字でもOKですが、なるべくなら新しくありたいかな。

1ヶ月間、見るたびに気分良くなったりテンション上がったり、はたまた癒されたり…

あなたの好きな漢字を教えてくれませんか?

 

 

上位12漢字がカレンダーに登場します。

1人一文字とは言いません。

カレンダーに登場して欲しい文字をどんどん教えてください。

 

コメント欄に書いても、お問い合わせフォームでもOKです。

 

みんなの想いが一つの作品になる。

まだ企画段階ですが、ワクワクが止まりません〜

 

お問い合わせフォームはこちら

 

※ これに応募したからといって、カレンダー購入を強要しません

※ 一緒に作ろうと言っていますが、書くのはたん藍です

 

 


現在リクエストいただいている漢字を紹介。

「緒」
「鶯」
「今」
「結」
「貴」
「笑」
「縁」
「愛」2
「志」
「紡」
「紐」

 

 

まだまだ募集しています〜!

※ すでに出ている漢字にも投票出来ます。
上位12漢字がカレンダーとして採用されます。

※ 2月13日締め切り

「キレイに書かなくてもいいよ」

と言われたら、少しは気楽ですか?

 

何でもかんでも、美しく!キレイに!整った字で!

と言われたら、やっぱりしんどいですよね。

 

 

じゃあ、キレイに書かなくてもいいんじゃない?

ワザと崩して書いてみるのも、面白かったりするよ。(上の画像参照)

 

実は、私自身がそう言う思考だったんだ。

 

「キレイに!読みやすく!」

ってね。

でも、居酒屋で働いててメニュー書き担当になった時に上司から言われたんだよ。

「キレイに書いちゃったら、店の雰囲気に合わないし味がない」

と。ズバッと!

 

話が逸れちゃった。

何が言いたいかって、しょっちゅう書いてないと字はどんどん下手になるし思うように書けなくなる。

だから、1日にほんの少しでもいいから集中して書くようにする。

ただ、何を書いたらいいのかわかんない。

ってあなたにこの方法はどうかな?ってオススメ。

 

ポエムや感動系の言葉がバンバン出てくる人なら、それを書けばいい。

 

でもさ、一般ピーポーにゃそうそうポエムなんて浮かんでこないっしょ。

 

そこで、コレが一番手っ取り早いんじゃないか?って発見したのね。

 

その日の晩御飯をお品書きにする。

□体裁よくってなるとハードル上がるから、ランダムに書いて丸で囲む

□定食屋や居酒屋で見かけるメニューを思い出して書いてみる

 

コレね、字の練習にもなるし空間を捉える練習にもなる。

で、メニューがあると家族が外食した気分を味わえる。

料理の腕にも磨きがかかる。

↓結果↓

料理の腕が上がり、字も上達する。

 

はじめは居酒屋や定食屋だったのが

 

 

料亭ぽいお品書きになって行く日が来るよ。

毎日同じ献立ってことはないから、その日の献立にあった雰囲気で書いてみる。

紙を縦にするか横にするか、縦書きにするか横書きにするかだけでも雰囲気は変わる。

 

スマホアプリを使いこなすとこんなこともできるよ。

 

何品もない日なら、料理の写真と文字を組み合わせて…

 

画像加工してみたり。

この手法は、早く帰ってきてほしい時にメールに添付して送信すると有効的です〜笑

 

自分も楽しいし、家族も喜ぶんだったらやらない手はないし、やり続けられませんか?

 

字を書く癖を付けたいけど、毎日書くには何を書けばいいんだ?!

とお悩みのあなたへの提案でした。

 

丹精込めて丹念に、想いを届け願いを叶える書道家たん藍より

書きたい言葉を書く。

書き初めは、その年の抱負だからね。

 

ワークショップを申し込んでいただいた時点で「書きたい言葉を考えておいてください」と伝えていました。

 

ひらがなでも、漢字一文字でもOKと伝えていたんですけどね。

 

 

けんびふうま

(さらに…)

体験レッスンに参加いただいた方のビフォーアフターを紹介させていただきます。

 

子供の頃にお習字をしていたり、普段から書くのは好きで練習帳を買ってきてお家で書かれているそうです。

 

 

書き順が違った「区」という字。

書き順を変えただけでも、かっこよくなりました。

 

お名前が素敵になりましたよね。

 

同じペンですが、書き込んだ後の方が発色が良くなっていました。

 

書いていくと楽しくなって来られたようで、すごい集中力を発揮されていました。

 

お家に帰ってからも、私が言わせてもらったポイントに気をつけながら書くように心がけてくださっているようで、ありがたいです。

 

長年染み付いた癖は、一瞬では消えませんし書かないとレッスンのポイントも忘れてしまいます。

 

定期的にレッスンに参加していただくのが一番ですが、普段から気をつけていただくとより良いと思われます。

 

ご参加いただきありがとうございました。

次のページ

↑トップへ