グルメ必見!旬の味覚を楽しみながら美字人(びじん)になるレッスン

お品書きを書くだけなんて、お腹が空くだけでつまんない!

だったら、お品書きに書くメニューを楽しみながら字の練習もしませんか?

 

昔から嫁ぐときに出来ておいたほうがいいといわれてきた5つの「さ・し・す・せ・そ」
いほう(裁縫)
つけ(躾)
いじ(炊事)
んたく(洗濯)
うじ(掃除)

中でも、炊事は他の4つをするには欠かせないこと。(食べないと元気が出ませんからねw)
だからかな?
調味料の「さしすせそ」もできたのは…

知ってますか?
調味料の「さ・し・す・せ・そ」

答えはこちら↓
とう(砂糖)
お(塩)
(酢)
うゆ(醤油)
(味噌)

 

さしすせその中にはいろんなことが詰まっている。
だから、あえて「さしすせそ」であいうえお作文書いたの。
かなとやさいで(魚と野菜で)
ゅんをかんじる(旬を感じる)
てきな(素敵な)
かいを(世界を)
だてよう(育てよう)

 

書道家の道に進む前は、10年ほど飲食店で調理していた私。

それなりにお料理はできますが、お料理を教えることははっきり言って自信がないので…

お料理教室にはしません。

 

でも、美味しいものを食べて笑顔になってもらいたいから。

食べたあなただけじゃなくて、家に帰ってから家族にもその笑顔をおすそ分けして欲しいから…

だから、このレッスンメニューができたんです。

アスパラガスと夏みかんのサラダ仕立て

 

このレッスンは、モニターになってくださる方からスタートさせます。

募集開始は5月15日18:00から!

自宅教室なので若干名になるので、気になったら要チェックですよ〜

 


初回のレッスンはこのメニューです。

 

割烹屋さん風に書くもよし

居酒屋さん風に書くもよし。

どちらでもお好きなお品書きをお選びください。


 

今回、初めての試みでもあるこのレッスン。

 

まずはモニターさん募集!

レッスンタイトルそのまんまですが、その季節に獲れる野菜や魚を使った料理を嗜んでいただいて食べた料理の名前を「お品書き作品」として書いていただく。
というレッスンです。

その料理を食べず、想像だけでタイトルを書いていくのもアリだと思います。(書道教室ですからねアハハ)
でも、やっぱり匂いや味を堪能してから書くのとでは、出来上がりがかなり違ってくるんじゃないかと思うんですよ。

楽しいレッスンでありたいですしねw

鰯の梅酢煮

 

モニターさんという事なので、ちょっといろいろご協力いただきたい面もありますので以下の注意事項をお読みいただいたうえで、納得できた方のみお申込みください。
よろしくお願いします。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆
□アンケートに答えていただき、SNSなどで使用します
□受講中のカメラ撮影があり、SNSなどで使用します
□料理だけを食べて字は書かないという方はお断り!
□SNSなどでレッスンの様子をシェアしてくれる方
★☆★☆★☆★☆★☆★☆

日にち:5月26日(金)満席 6月7日(水)のいずれか
時間: 11:30~13:30(少々延長する可能性あり)
場所: 筆文字たん藍自宅教室(地下鉄「松屋町」駅より徒歩5分・お申込みいただいた方に詳細住所をお伝えします)
持ち物:特になし
受講料:500円(食材分)通常レッスンの際は5,000円を予定しています
定員:各日2名

 



お申し込み完了メールが届きましたら、折り返したん藍よりメールを送信いたします。

 

 

今日から5月。

ヒモトレを始めて数か月が経った私です。

カレンダーの中に「紐」を採用するくらい。ヒモトレに魅了されています。

おかげさまで、いっつもピリピリしびれていた左側の肩こりも、ずーんと重かった右側の腰痛も楽になってきました。

年中むくんでいた足首も、歩き疲れたら痛みを伴っていたむくみもほぼなくなりました。

紐とともに、喜びが得られるようになってきました。

 


 

それはされおき、なぜヒモトレ?

単純に、師匠から伝染しただけなのですが…

1本の紐を体に添わせるだけで、肩こり・腰痛・足のむくみが楽になるだけじゃないんです。

師匠とは、書の先生です。

字の上達に一役買っているから

というのが本来の目的だったのです。

 

紐を巻いて書いた字は、奥深くなります。

 

 

この画像で一目瞭然。

これは半切(はんせつ)1/2(680×350mm)です。

まぁまぁ大きいサイズの紙に書いています。

大きい作品を書くときには、それなりの体力がいるんですけど紐がある時とない時の差を検証してみようと試みたわけです。

 

字の形にはほぼ変わりないです。

ヒモなしに比べるとヒモありは線が強くなったし、奥行きが出ました

 


 

私の主宰するレッスンでも、どんどんヒモトレを取り入れていこうと思っています。

美文字に興味がある方はもちろんですが、ヒモトレに興味がある方も受講されてみてくださいね。

 

美文字レッスンメニューはこちら

 

 

永字八方って知ってますか?

永という字には、8種類の筆法が含まれていて、永を制すればすべての漢字を制するといわれるほど奥が深い字なのです。

 

 

…そく。
飛んでいた鳥が、羽を閉じて停まる様をイメージして書きます。
…ろく。
馬に乗って手綱を引く時の感じで書きます。
…ど。
弓を引いた時のしなる様をイメージして書きます。
…てき。
こすりあげるイメージで書きます。
…さく。
居合抜きをイメージして、左下から右上に切るように書きます。
…りゃく。
トンビが地上にいる獲物をかすめ取るように書きます。
…たく。
キツツキが木に穴を開ける時のように、鋭く一気に打ち込み筆を抜いていきます。
…たく。
捺すとも言う意味を持ちます。軽く筆を入れて45度の方に徐々に筆圧を加え、払う直前に最も力を入れて30度の方に抜いていきます。筆を押し出すように書きます。

 

文字で書くと、少し難しい気がしますよね…
でもね、この言葉を頭の片隅において実際に書いてみてください。

書くことによって理屈が体に入ってきますから。

書くときには、言葉で理屈を思い出しながら書くのは意外と難しいこと。
という事で、擬音(オノマトペ)を口に出しながら書いてみてください。

口に出しながら書くと、余計な力が抜けていい線が書けます。

 


側…そく。
シューーー、スッ、シュタッ

勒…ろく。
ぐっ、グググッ

弩…ど。
グィ、ヒュゥ~、

趯…てき。
ススススゥー

策…さく。
ハッ、ハイッ

掠…りゃく。
シューーー

啄…たく。
グッ、ズズズイ

磔…たく。
ススススーーー、グッ、ふぅ~

オノマトペはあくまでも一例です。
自身が言いやすいものをチョイスするのが一番書きやすいですので、いろんなオノマトペを試して書いてみてくださいね。

丹精込めて丹念に、想いは届き願いが叶う書道家たん藍

ひと足早く、夏の準備をしちゃおう

 

ジメジメだったり、ジリジリだったり…

日本の夏は「暑い」

大阪の夏は特に暑い。

 

 

 

 

 

クーラーもいいけど

 

ちょっとバッグにコレが入っていたら、便利ですよ。

 

 

 

 

扇子。

 

扇子ってカサバラないし、スッとバッグから取り出したらなんだか粋だしかっこいいですよね。

 

なんていうか…大人な感じ!

 

 

今月のワークショップでは、真っ白の扇子にセンス良く筆文字で好きな言葉を書いて

 

オリジナル扇子を作ろう!

 

というワークショップを開催します。

 

 

内輪で使うから団扇(うちわ)がいいわ~ってあなたは

 

うちわに書きましょう!

 

 

 


 

 

書く言葉は…この夏、やりたいこと

 

いいイメージが、叶うほうへ導いてくれるから

到達イメージが、よりリアルなほうがいいですよ。

 

 

 

 

などなど。

 

想いは、無限!

 

今年初めに立てた計画は、どんな具合か思い返してみて。

半年経った今、それはどうなっていますか?

 

 

夏にやりたいことが見つからないなら…

年始めに立てた目標でもいいですよ。

 

 

 

 

あなたの奥義を扇に託しに来ませんか?

 

 

日時: 5月29日(月)

     朝の部11:00~12:30

会場: 筆文字たん藍自宅教室 (受講される方に詳細住所をお知らせします)

持ち物: 書きたい言葉

受講料: 90分 3,240えん(税込) 

 

 

  • 扇子または団扇付き
  • お道具はお貸しいたします
  • お申し込み時に、扇子か団扇どちらを希望か明記してください
  • 受講料は全額先払いでお願いします
  • 納金後キャンセルしても返金できません
  • 5月25日(木)AM11:59締め切り

 

 

どのレッスンをご希望ですか?(必須)
  

 


 

 

 

60分でクセ字をなんとかするお手伝い!筆文字たん藍より

 

 

 

 

 

美しい挨拶状が書けるようになる


最近、いつ手書きのお手紙を書きましたか?

 

 

なんでもパソコンやスマホでできる時代。

簡単なメッセージなら、メールやメッセンジャー、LINEのようなアプリでちょちょいっと送ったほうがスピーディーだし楽ちんです。

お仕事でのやり取りも、メールやフォームに打ち込んで簡単に済ませられるようになっています。

私も、もれなく活用させてもらっています。
でも、、、

 

あなたもパソコンフォントが並んだ手紙をもらったら、心のどこかで感じているはずです。

「なんか、味気ない」
「冷たい感じがする」

と。

 

 

 

めちゃくちゃ考えて文章を構成したとしても、もらった側は意外と「ふ~ん」ってななめ読みしているはずです。

それが、手書きの文書だったら…

 

たった1行のメモ書きだったとしても、ほっこり温かみが感じられるんです。

 

なぜなら…?

 

手書きにするだけで、そこに念が入り書いた人のオーラが残るから。

 

 

伝えたい思いが濃いほど、手書きにすると伝わり方が違ってきます。

 

ペンもいいけど、筆ペンはより上級者な印象を与えられます。

にじみやカスレもいい雰囲気を出してくれますので、紙選びも楽しくなりますよ。

筆ペンも使い方次第でざまざまな印象が与えられます。
もちろん、筆ペンの使い方もお伝えしますので、安心して筆ペンにチャレンジしてみてください。

 

 


この記事を読んだ今が、チャンス!

 

たった5回のレッスンで、手書きのお手紙を送れるようになります。

 

 

 

  1. 縦書きと横書きを書き比べてみよう
  2. ひとくくりのワードで「つながり」を練習しよう
  3. 文章で練習しよう
  4. 宛名書きを練習しよう
  5. 実際にはがきの表裏ともに書いて、送ろう

というような内容で進めていきます。

 

 

 

 

お得情報

毎回のレッスンで使うレジュメに加えて、細太(さいたい)が利く筆ペンをプレゼントします。

 

 

 

日時: レッスンスケジュールをご覧ください

会場: たん藍自宅教室 (お申し込み後、受講生にのみ詳細住所をお伝えします)
※大阪市中央区内 最寄駅は「松屋町」

持ち物: ご愛用のペン

受講料: 1回90分 15,000円(全5回)

  • 受講料は前金制
  • 初回に回数カードを譲渡
  • 回数カードの紛失は無効
  • 回数カードは5か月以内有効
  • 納金後のキャンセルは返金しません
  • コース受講生は曜日と時間を固定させていただきます(スケジュール
  • 予告なしにコース内容を変更する場合があります
  • 受講前には予約をお願いします(前日18:00まで)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

どのレッスンをご希望ですか?(必須)
  

 

 


 

「筆ペンはちょっと難しそう…」というあなたには【初級コース】のペンで書く「美しい挨拶状が書けるようになるレッスン」も用意しています。

 

60分でクセ字をなんとかするお手伝い!筆文字たん藍より

 

 

 

次のページ

↑トップへ