身体のこと

書き込むよりも、〇〇を。


ずーっと続けている書道。

(5歳から習い始めて20歳まで続けて、そこからしばらくは空いたけど)

書けば書くほど上手くなる。

そう思っていたけど、どうやらそうでもないらしい。

確かに量を書けば、書いていくうちにお手本とどこが違うのかを見つける瞬間もあるから、上達する方法のひとつなんだけど。

書かずして字がうまくなる方法?
そんな方法があるのか???

あるんです。

座って書くだけだけど…
書道は、体が大事。

手ではなく、腕ではなく、肩ではなく、背中ではなく、腰ではなく、腹ではなく、骨盤でもなく、膝ではなく、足裏から。

ん~、、、正確には

手も、腕も、肩も、背中も、腰も、腹も、骨盤も、膝も、足裏も整える。
なんですけどね。

 一度には難しいから、足裏からね。

 

独自にやっていたマッサージ、これが書道にも功を奏していたようなのです!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です