身体のこと

道とは?


人が生きていく上で、通っていく道は10人いれば十通りの道がある。

ただ、歩いていくだけでも道はできるけど

何かに没頭して続けて極められる道があると、その人生はより素敵な景色が見られる道になるのではないでしょうか?


私は、書の道を歩いています。

たまに寄り道をしたりもするけど。
それは、より景色をよくしたいから。

書道は雰囲気だけでは、座って字を書いているだけ。に見えますよね?

でもね…

体が整っていないとちゃんとした線は引けないのです。

紙というペラペラの薄いものに平面として書くように思われがちですが…
元来、書は木や石に鏨(たがね)を使って刻み込まれて書かれていたのです。
ということは、現在は紙と筆になっている道具ですが、薄い紙にも彫るように書き込んでいくんですね。

木や石に彫るには、身体全部を使わないと手先だけではすぐに疲れますよね。
紙に書くときも、同じなんです。

手先だけで書いていると、すぐに疲れます。

書道も剣道や柔道のように身体全部を使う「道」につながっているんだということがわかってきます。

美しい字を書きたいと思ったら…

身体を整えることから始めると、意外と近道になるんですよ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です